***

応徳温泉

119.png

友人夫婦と自分と相方の4人で、
群馬の応徳温泉に行って参りました^^

118.png

こちらが宿泊先の「花まめ」さんです。

TVでも紹介されたことがあるそうで、
木造2階建てで温かみのあるお宿です。

目玉は1000年近く沸き続けている弱アルカリ性の
源泉かけ流しの温泉です。

喘息持ちの自分には温泉によっては逆に体を悪くしてしまう場合があるのですが、
(近くにある草津温泉などは硫黄の匂いでアウトです(T T))
ここの泉質は柔らかくて硫黄臭くもなく最高でした。
24時間入浴可能なので、1日3回は入りました


117.png

お宿の素朴さがたまりません。
ただ、山間なので夜になると虫が飛んでくるため、
虫除けスプレーは必須でした


116.png

お食事も本当に美味しかったです。
特に鮎の塩焼きは今の季節が最高に美味しいのですよね。



115.png

上のお料理に加え、囲炉裏でお野菜などを焼いて食べました。
全体的にボリュームがあり食べきれない程でした。
(残りは全て相方が美味しく頂きました)



110.png

こちらは2日目に行った野反湖です。
「天空の湖」という中二病心をくすぐる名前が付いているのですが、
この日はあいにくの雨で美しいブルーの湖は見られませんでした
でも山に雲がかかり、本当に日本なのかと疑うほど神秘的な雰囲気で、
湖の水も限りなく透明に澄んでいて綺麗でした。



112.png

旅に行く前、スニーカーで行くかお洒落な革靴で行くか迷ったのですが、
スニーカーで来て正解でした。
こんなに山歩きするとは。
そして自然が美しい。
野反湖は高山植物にあふれていて、日本の遊歩百選にもなっているそうです。

その他にも野生のサルに出くわしたり、足湯に浸かったり、3日目は帰り道がてらダムを見学したり
旅というか、自分にとっては初めてのことが多くてちょっとした「冒険」でした(๑•̀д•́๑)
***

HP:「飛行空域」 Please do not copy and reproduce from my fanarts/fanfictions without permission.

**
Search
*

『Livly Island』は、GMOゲームポット株式会社の商標です。 『Livly Island』に関わる著作権その他一切の知的財産権は、GMOゲームポット株式会社に属します。 このサイトは『Livly Island』およびGMOゲームポット株式会社とは一切関係がありません。